ダメなクズ男ばかり好きになってしまう女性の特徴と理由と治し方

「母性本能」です。

そしてほとんどの場合、自業自得です。

ダメ男ばかり寄って来る

のではなく、

自分が引き寄せています。

いわゆる「ダメンズウォーカー」と呼ばれるような女性の心情として
「私がいないとダメ。」ってヤツがあります。

それは、相手のことが大切なのではなく
実は、自分の”支配欲的なもの”が原因のであることも多いです。

実際には、ペットを飼うのと同じ感覚です。

「付き合う男、みんなダメ男なんだよねー」

とか、

「付き合った男が、みんなダメになる」

みたいなのは、落ち着いて考えるとかなり危険な癖です。

楽しければいいのですが。

「自分の好みはおかしい」ということを自覚する

「ダメな男が好きなオンナが付き合っている男」

と聞くと、「ホスト」とかを思い浮かべる人が多いと思いますが
ホストは基本的に”仕事として”女性に甘えているため、「野生のダメ男」とは違います。

ただし、「自分から(店に)行っている」という点で
”自分から求めていること”という点は同じです。

そのため、ホスト遊びが好きなオンナにダメ男好きが多いのは必然です。

”いわゆるダメ男”というのは、実は世間にはたくさんいます。

そして、彼らは基本的に”普通のオンナ”には相手されません。

「クズがモテる」と思っている人は、基本的に「クズが好きな人」だけです。

「危険なにおいのする男」と聞くと、少しカッコいい印象を受けます。

しかしながら、普通の女性は危険な男性には近づかないものです。

だからこそ、「自分がいなくちゃ」と思ってしまう理由でもあります。

コンプレックスの裏返し

母性本能と同じく、ダメ男と付き合ってしまう理由に「支配欲」も関係しています。

「影響力」とも言えますが、「他人の人生を左右できる喜び」です。

子供が蟻を殺すのと同じです。

そして、支配欲とはコンプレックスの裏返しであり
ダメ男を引き付ける、ダメ男と惹かれ合うのは”満たさてこなかった”オンナと言えます。

コンプレックスがある女性ほど、ダメ男に引っかかるのは当然のことなのです。

家庭に問題があり幼い頃に自己承認欲求が満たされなかった、というのは典型的な例です。

確かに他人からすれば、誰が誰と付き合って、傷つこうがどうでもいいことです。

そもそも、

「オンナに世話して欲しい男」

と、

「男に頼られたいオンナ」

は、お互いにメリットが多そうでもあります。

いわゆる”WinWin”ってやすです。

結局、楽しければいいことも事実です。

ただし”ダメ男を装ったクズ”もいるので、それには注意が必要です。

「かわいそう」とは決して思ってはいけない

自分がいなくなったら・・・

この人はこの世界ではうまく生きていけない・・・

ダメ男を養ってしまう理由は様々です。

しかし、結局は「かわいそう」という結論から世話してしまうはずであり
他人を憐れむこともまた、優越感を感じることができるものです。

これに関しても、コンプレックスの裏返しと言えます。

そしてこの一連の思考回路に関して、”職業ダメ男”の人は”分かって”います。

<支配>していると思わせるのは典型的な手口

”ダメ男という職業”を生業にしている男が存在します。

今までも、これからも、”ダメ男が好きなオンナ”に寄生してきた男です。

手口はだいたい同じであり、相手に”自分を支配していると思わる”ことで
相手の母性本能や支配欲を満たし、優越感を与えてコンプレックスを転がします。

飴と鞭

我儘と慰め

様々な手段を織り交ぜて、楽に生きることを楽しんでいます。

一見、「気のいいあんちゃん」であることも多いです。

だから余計に「本当はいい人」と思い込んでしまい、
周りを巻き込んでしまうことも多いです。

最後に1つ。

「ダメ男との恋」に関して、絶対に「普通の人」に相談してはいけません。

馬鹿だと思われるだけであり、距離をおかれるでしょう。

ダメ男問題の解決策は<離れる>しかありません。

しかしながら、”ズブズブ”になるとなかなか難しいことが現実です。

ただし、「ハッピーエンド」は基本的にないことを忘れないように。

自分の時間とお金を大切にしましょう。

稼げる「FANZA(ファンザ)ライブチャット」のチャットレディの求人募集